余裕で歌う彼とあられ雲

「アイスコーヒー」は好きかな?嫌いかな?さまざま感じ方があるかもわかんないけど、必ずしも悪くはないんじゃないかな、「罠」は。そう感じたりしない?

よく晴れた祝日の午前にビールを

タリーズでも個人経営の喫茶店でもいろんな場所でコーヒーは飲める。
もちろん、どこかでインスタントを入れても飲めるし、自動販売機で買う

私が好きなのがスタバだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのは、タバコの無理な私にはお気に入りだ。
そのため、コーヒーの匂いを楽しめる。
金額も張るけど、立派な豆が使用されているのでグルメにはピッタリだ。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと一緒に、つられてケーキもオーダーしてしまうという落とし穴もある。

熱中して口笛を吹く姉ちゃんと穴のあいた靴下
さやかちゃんはパッと見おっとりしているように見えるけれど、活発な女友達。
旦那と、3歳の賢治くんと、3人でミスドのななめ向かいの一軒家に住んでいる。
一般事務の仕事も育児も完璧にこなして、多忙だけど、時間の使い方は素晴らしい。
ちょっとでも時間があれば、今日暇?など必ずメールを入れてくれる。
私は喜んでドーナッツを購入し、さやかちゃんの家に行く。

怒って吠える兄弟と気の抜けたコーラ

このところ、物語を読破することは少なくなったが、1年前に水滸伝の北方謙三版に夢中になっていた。
別な水滸伝を軽く見た時は、粗末だと思い、はまらなかったが、北方版水滸伝を読みとおしたときは、興奮して、読むのが止まらなかった。
仕事の昼休みや家に帰ってからの食事中、湯船の中でも精読して、1日一冊ずつ読破していた。
登場キャラクターが人間味あふれていて、雄々しい登場キャラクターがめちゃめちゃ多く、そんなところに心酔していた。

雲が多い金曜の夕暮れに読書を
今日は、梅雨があけてから初めて雨になった。
餌釣りの約束を友人としていたが、雷までなっているので、さすがに怖くて行けなかった。
一度、雨がやんだので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会にと話して釣りざおなどをしまった。
明日からは雨じゃないそうだ。
なので、次こそ行ってみよう。
またの機会にと言って釣り道具をなおした。
明々後日からは雨じゃないみたいだ。
なので、次こそ行ってみよう。

気どりながら歌うあの子と冷たい肉まん

友人と前から会う約束していた。
福岡の恒例の巨大なテレビの前。
そこで、30分くらい遅くなると連絡がきた。
大きいテレビの前はみんなの集合場所なので、待っている人も次々に去っていく。
携帯でミュージックを聴きつつ、人の流れを眺めていた。
でもあまりにも退屈なのでたまに行く喫茶店に入って、アイスティーを飲んでいた。
30分たって、同級生が遅くなってごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタがいいかもと言った。
ホットペッパーを見てみたけれど、いい店を探しきれなかった。

余裕で踊る友達とアスファルトの匂い
夜、目が冴えているとなれば、映画を起き上がって見る習慣がある。
昨夜見た映画は、「エスター」というタイトルのアメリカのシネマだ。
話の中心の、エスターと言う子は頭が良いけれど少々変わった少女。
終わりには驚きの結末が見れる。
それは観賞の半ばで、エンドが予想できる人がいるか疑問なほど想像もできない真実。
それは、ビックリとするのではなく、ただゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、いつも私の毎晩の時間を濃い物にしてくれる。
深夜の映画は絶対お酒とおつまみも常に一緒なので、体重が増えてしまうのが良くない。

息絶え絶えでお喋りする家族と俺

知名度のあるお寺さまであろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺だけという伽藍配置も十分見学できて、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ小さかった。
この寺についてを身につけるにはおそらく、膨大な時を要するのではないかと思う。

息絶え絶えで話す友人とぬるいビール
油絵やフォトなど美術が好きだし、デッサンも苦手ではないのに、写真撮影がとても下手だ。
でも、前、一丁前に、オリンパスの一眼を重宝していた時期もあり、絶対に持ち歩いたりした。
笑えるほどピントが合わないし、変わった配置なので、カメラが可哀想だった。
それは置いておいても、写真や写真の加工は凄く最高に楽しいと思っている!

一生懸命叫ぶ友人と公園の噴水

息子の2歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントをどういったものに決めようかを考えている。
嫁と話し合って、体で遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決められないので、実物を見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
しかし、子供に触らせてみたら、あっさりと決めることができた。
トンネルの遊具に一生懸命になったから、これに決めた。
ただ、家が窮屈なので、小さくて折りたたみ可能なやつに決定した。
値段もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

前のめりで踊る君とアスファルトの匂い
その上列は、だいたい日本人だという感じだったのでその光景に驚いた。
しかも客は、ほとんどが日本人という状態だったので、その不思議な光景にもびっくりした。
実は、韓国コスメは効果抜群なくらい成分が多く使用されているとか。
もちろん、コスメにも感動はあったけれど店番の人の日本語能力にも素晴らしいと思った。
ちょっとだけなのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私は、頼りない英語を使おうと向かった韓国だけど、出る幕がないようだった。
会話の機会があれば、努力あれば外国語をマスターできるということを知らされた旅行だった。


PAGE TOP

「アイスコーヒー」は好きかな?嫌いかな?さまざま感じ方があるかもわかんないけど、必ずしも悪くはないんじゃないかな、「罠」は。そう感じたりしない?
Copyright (C) 2015 発明家は愛想がないまま苦笑い All Rights Reserved.