笑顔で叫ぶあの人と夕立

「りんごジュース」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。子供のときの体験や先入観なんかが、「豚の角煮」と結びついてしまうことって、確かにありうる話だよね。

騒がしく踊る友人と横殴りの雪

だいたい、業務やするべきことに追われてしまい、そこまでゆっくりできる時間がない。
ほんの少し時間が持てても、常に次の仕事の納期など、何かの詳細が心にある。
それでも、大きな時間ができると、非常に喜んでしまう。
では、久しぶりの休日をどんなふうに費やそうかと。
最終的には毎回、あれしたい、これも、など希望のみが重なり、すべては達成できない。
何をしていても私はゆっくりペースなので、気付けば夜まで経過。
時は金なり、という言葉は本当に真実だと思う。

目を閉じて踊る兄弟とよく冷えたビール
梅雨がこないだ明け、今日蝉が鳴き出してたのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
あと10日ほどで夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側に座ってアイスクリームを舐めていた。
頭上では風鈴がときどきチリリンと音を立てた。
朝から暑い日で、日光が座った少年の足を照りつける。
少年は半ズボン姿だった。
汗が頬を伝って流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近所にある屋外プールのプール開きが待ち遠しかった。

曇っている土曜の朝に椅子に座る

少年は真夜中の三時に起きてしまった。
夏休みに入って1週間ほど経った夏のことだった。
あまりの暑さに深く眠れなかったようだ。
せんぷうきは部屋の空気を混ぜているだけで、全く涼しくない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、野菜と肉を取り出し、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けるころには、台所からは、スパイシーなカレーの香りがしていた。

怒って熱弁するあなたとオレ
昨年まで一切存在を知らなかったが、プール用オムツなるものが販売されていた。
都市部では、そのオムツをはいて入れることろと入れない所があるとのことだ。
間違いなく、赤の他人からは、水についてももれないオムツでもおしっこなど含んでいるオムツで入られたら、いい気持ちはしない。
なのだけれど、親だったら、プールにいれてあげたいと考えてしまう。
だけれども、しかし、立場が逆だとしたらめっちゃいやだ。

よく晴れた木曜の深夜はゆっくりと

花火大会の季節なのだけれど、住んでいる場所が、行楽地で毎週末、花火が上がっているので、もはや見慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火をあげているので、クレームもわんさかあるらしい。
自分の、住居でも打ち上げ花火の音が大きすぎてわが子がびくびくして泣いている。
たまにのことならいいが、夏季の間、毎週末、だらだらと花火をあげていては、嫌になる。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

雪の降る火曜の早朝に外へ
仕事で必要性のあるモウソウダケを定期的にもらいうけるようになり、願ったりかなったりなのだが、しかし、モウソウダケが重荷で積極的に持っていってほしい山の持ち主は、私たちの必要量よりモウソウダケを取って運ばせようとしてくるので面倒だ。
必要な量より多く運んで帰っても捨てることになるのだが、場所をとる竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれと強く頼まれる。
こちらも必要なものをいただいているので、断りづらい。

自信を持って話すあいつと夕焼け

人々のおおよそが水分だという研究もあるので、水分は一人の人間の基礎です。
水の補給を欠かさず、みんなが活発で楽しい夏を満喫したいですね。
ぎらつく光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、普段は外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策について敏感な方が多いかもしれません。
夏のお肌のスキンケアは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、どうしても気になってしまう所ですね。
そして、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、この時期はちょっと例外かもしれません。
なぜかというと、多く汗を出して、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自身の体調も関わってきます。
ひょっとして、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑いときの水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
短時間だけ歩く時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があったら非常に便利です。
人々のおおよそが水分だという研究もあるので、水分は一人の人間の基礎です。
水の補給を欠かさず、みんなが活発で楽しい夏を満喫したいですね。

雲の無い火曜の夜明けに熱燗を
釣りの師匠が先日朝から釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、何匹しかあげれなかったらしい。
ザコがあきれるほどいて、フカセ釣りがしにくかったらしい。
けれど大物のの50cm近くが釣れたらしいから、いいなと思う。
前にわけてもらって新鮮なうちに食したがとっても脂がのっていておいしかった。
そんなのが釣れたと聞いたら釣りに行きたくなるが、もう少し我慢して今度だ。

怒って叫ぶ彼と月夜

自分自身、アレルギー体質で、化粧は全く使ってはいけないし、洗顔石鹸も使用できない物が多い。
どうしようもないので、フルーツやサプリメントのパワーに頼ることになるのだが、近頃口にしているのがコラーゲンだ。
ドリンクに溶かして、毎日飲んでいるけれど、少し肌がハリが出てきた。
その上、実行してから実感するまで即効性があったので、驚いた。

怒って跳ねる彼女と履きつぶした靴
お盆やすみでも故郷から離れて定住しているとあまり認識することがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと思い故郷へ届けた。
生まれた家に居たら、香を持って祖先の出迎えに出向いて、盆のラストに送り出しに行くのだが、離れて住んでいるので、そうやることもない。
周りの方々は、香を持ってお墓に出向いている。
そうした場景が視野にはいってくる。
ふだんより墓の前の道路には様々な乗用車がとまっていて、お参りの人もものすごくたくさん視野にはいってくる。


PAGE TOP

「りんごジュース」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。子供のときの体験や先入観なんかが、「豚の角煮」と結びついてしまうことって、確かにありうる話だよね。
Copyright (C) 2015 発明家は愛想がないまま苦笑い All Rights Reserved.