ぽかぽかした休日の午前に食事を

「野菜ジュース」のこと嫌い?好き?さまざま意見があるかもだけど、そんなに悪くないんじゃないかな、「涙」って。そうじゃない?

陽の見えない週末の早朝は目を閉じて

普段、部屋で個人で行えるような業務をして、たまにお声がかかると派遣先に仕事に出る。
そのひと月に何回が、本気で怠く感じて仕方ない。
この際辞めてしまおうかと。
行くと頑張るけれど、多くの人間に囲まれて、団体で業務を行うのは大変だ。
と、友人に相談すると、言いたいことは分かるけれど、と豪快に笑っていた。

汗をたらして大声を出す彼とあられ雲
とある大事な業務が舞い込んできたとき「どうにかなる」と考えていた新人の頃。
当時の私たちメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など不真面目に取り組んでいた。
そこで指導担当の上司が注意したセリフが今でも記憶に残っている。
「達成に向かって頑張って時間をかけたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
それ故に、今のあなたたちのように楽観的にとらえていて、たまたま仕事が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎてしまえば単純だったと言う本当の意味は、正反対です。
前からじゅうぶん取り組み準備を進めたからこそ能力が有り余って、仕事がスムーズに進んだと言っています。
全身全霊で取り組む気になりましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
という事。
その後、みんな頑張って勉強しなんとか収めきることができた。

喜んで跳ねるあの人と擦り切れたミサンガ

日本は、数多くの祭りが存在するようだ。
生で見たことはないのに、じゅうぶん知っているお祭りは、秩父夜祭りだ。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を見学した際に、ビデオや実際の大きさの笠鉾と屋台を見た。
12月に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
参加して見てみたい祭りの一つなのである。
秩父夜祭とは逆に、夏にあるのは、福岡県の放生夜がよく知られ、すべての生き物の殺生を禁じる祭り。
江戸の時には、このお祭りの開かれてる間は、漁も禁止されたとの事。
伝統ある祭りも重要だが、私はリンゴ飴の屋台も同じくらい好きだ。

涼しい祝日の早朝にひっそりと
バースデーに友達から貰った香水ボトル、強いフローラルの
合っている瓶で、イメージして選んでくれた物で、大きくないボトルでリボンの飾りがついていて可愛い。
匂い自体も香水ボトルもどんなに大げさに言っても派手とは言い難いものだ。
ショップにはたくさんのボトルが置いてあったが、目立たない場所に置いてあったもの。
形はほんとにちっちゃい。
持ち運びやすく気に入っている。
どこかへ行くときだけでなく、働く時もバッグの中に、家での仕事のときもそばに置いている。
なので、私のカバンの中はどれもこの香り。
だいたいいつでもつけているので、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
ショップで色々な香水を試すのも好きだが、この香水が今までの中で最も気に入っている。

凍えそうな祝日の深夜にゆっくりと

甘い食べ物が非常に好みで、バウンドケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって作るお菓子が制限されてきた。
私と妻がすごく楽しみながら食べていたら、子供が自分も欲しがるのは当然だから子供も食べてもいいバウンドケーキを自分でつくる。
自分は、チョコ系がたいそう好きなのだけれども、しかし、子供にはチョコ系などは小さなうちは食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれたバウンドケーキが栄養的にもいいので、砂糖をひかえて入れて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、大変つくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雹が降った水曜の朝は昔を懐かしむ
普段、Eくんから届くMAILの話は、何が話したいのか何も分からない。
酔っててもノンアルコールでもほとんどいまいちだ。
しかし、E君が仕事で考えたという、製品とおすすめについての文を読む機会があった。
きちんとした文をかけるんだ!と思って、感心した。

雪の降る日曜の夜にお菓子作り

業務で着るスーツスカートを買いに行った。
コムサなどフォーマルなショップもいいな〜と悩んだけれど109も良いと思う。
若くてはつらつとした女性向けの服屋で体のラインが出るファッションが多い。
値段はショップによって違いが表れるが、大体は安め。
中で、スーツを選んでいたが、細身の物が多く売られていた。
着用後、少しは色っぽく見える気もする。
なかなか素敵なショッピングができて、かなりラッキーだった。

涼しい休日の夜明けは焼酎を
一度手を付けたら、ものにするまでに時間を要するものが、世間には数多くある。
適切なのが、外国語だろうとみている。
だけど、韓国語だけは例外ともいえるようで、日本の言葉と語順が一緒で、その上に日本語と同じ音が多いので、身に着けやすいと言う。
3年くらい韓国語を学んだ友達は、今からのスタートでも確実に身に付きやすいので良いと思うよ、とのこと。
ほんの少しいいなーと思ったけれど、どう考えてもハングル文字はお絵かきにしか見えない。

雲の無い木曜の午前は散歩を

甲斐の国はフルーツ王国と言われるくらい、フルーツの生産が盛んだ。
日本でも珍しい内陸国で高い山に囲まれている。
それにより、漁もできなければ稲作もあまり盛んではない。
そこで、現在の山梨県を仕切っていた柳沢吉保が、フルーツ生産を提案したのだ。
他県に負けない優れた名産が欲しかったのだろう。
山と山の間の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生み出す。

雪の降る月曜の深夜に椅子に座る
今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールが苦手だったので、ふてくされて体操着に着替えていた。
きっと今日は、球技の得意なケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
そうなると、少年が思いを寄せている、フーコちゃんも、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は空を仰いで体操帽子をかぶると、運動場へ向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年の方を何度もチラチラ見てたことを、少年は気がつかなかった。


PAGE TOP

「野菜ジュース」のこと嫌い?好き?さまざま意見があるかもだけど、そんなに悪くないんじゃないかな、「涙」って。そうじゃない?
Copyright (C) 2015 発明家は愛想がないまま苦笑い All Rights Reserved.