風の無い火曜の午前はお酒を

例えば、地球のことを知らないエイリアンに「手作りカレー」を説明するとしたら、どうやって説明する?「弟子」の成り立ちとか、ううん、まず地球や世界についての説明からするかもしれないね。

一生懸命吠える友人と公園の噴水

夏にあったことを特別していないが、ともだちと週末、コテージをかりてBBQをやる。
例年の恒例だけれど、たまには、息抜きになる。
男手が二人なので、めちゃめちゃ色々と準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと苦手な人が多いので、してあげないと。
しかし絶対に皆でワインを飲むからその時は、焼酎を飲みすぎない様に注意しよう。

怒って跳ねる兄弟と俺
レフも、もちろん大好きだけれど、また別格と言うくらい愛しているのがトイカメだ。
2000円あれば小さめのトイカメが簡単に所有できるし、SDがあればパソコンですぐに見れる。
真実味や、感動の一瞬を撮るには、一眼レフがぴったりだと思う。
しかし、その場の情緒や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメラには何にもかなわないと思う。

具合悪そうに跳ねる彼女と読みかけの本

久しぶりのお仕事の日、初めて業務で同行したAさんは、背の高い上司だ。
初対面で挨拶した際以降怖くて、仕事以外での会話はまったくできなかった。
その際、なんとなくAさんの袖をまくった太い腕を拝見して衝撃を受けた!
大きめのパワーブレスが10個以上つけられていたから。
ついつい、パワーストーン興味があるんですね!と言ってしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げに、なおかつやさしい顔で、ひとつひとつの天然石の名前を教えてくれた。

ノリノリで走る妹と草原
私の子供がマルモダンスをまねしている。
私は教えていないけれど、2歳なのに頑張ってまねしている。
どこかでマルモダンスのメロディが聞こえると、録画映像を見たがって泣いてしまう。
保存した映像を流すと止まることなくずーっと見ている。
父親としては、テレビの映像を見てばかりよりも絵本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりするほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私の為でもある。

息絶え絶えで体操する父さんと擦り切れたミサンガ

友人の親戚が梅干しを販売しているらしい。
都心に本社を置き台湾に店もあり、和歌山にファクトリーがある。
日本全国に、たまに、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞いていると、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、今までで一番美味しかった。
という事で、早速梅干しをオーダーしてしまった。

笑顔で叫ぶ父さんと花粉症
なぜか不安な精神状態に浸ってしまい、少しも悲しくなった。
大きな原因はなく、突然悲しくなったり、今やっていることが無駄に思えた。
そんな中、外に出る仕事がきた。
その上年に一回の会場での催し物で立派な案件だった。
情緒不安定を理由にしてはマズいので、我を忘れてしっかりこなしているうちに、いつもの明るい気分になってきた。
そういえば、あの時は外出して陽の光を浴びたりしなかったと思う。
定期的に出かけるのも良い事だと思った。

目を閉じて体操する兄さんとあられ雲

お盆やすみが間近になって、「とうろう」などの催し物が近くで実施されている。
近郊のイベント会場では、竹やペットボトルで作ったとうろうが飾られていた。
付近のイベント会場では、晩に電気の照明は付けられてなくてなくて、ろうそくの明かりだけなのは、めっちゃ良かった。
竹やすだれの中で明かりが輝いていて、癒される灯りになっていた。
繊細な明かりが周囲の木々を照射していて大変良かった。

じめじめした月曜の晩は昔を思い出す
4年前から、九州の南に住むようになって大型台風をたいそう気にするようになった。
強風が全然違うからだ。
大分に住んでいたことも神奈川に住んでいたこともあるのだけれど、台風の被害が全く違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと話を聞いた時は、大げさだと思ったが、事実だった。
超大型台風が通った後は、ヤシや大きな木は道に倒れ、海沿いの道は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの民家では、車両のサイドミラーが破損したり、家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすめていくだけでも風はたいそう強く、古い家に住んでいると家の揺れてきしむ音が非常に心配してしまう。

凍えそうな日曜の日没にゆっくりと

ふつう、なるべくシンプルなコーディネイトで出歩く私は、もちろんビックリされるけど。
キャミやコスメやヘアーアクセサリーまで揃っていて、全部身につけたいと考えれば破産しそうだ。
それでも、着道楽はやめられない。

喜んで跳ねる友達と暑い日差し
たしなむ程度のお酒のおつまみには、ヘルシーで健康に良い物を!と考えている。
ここ最近の酒の友は焼き葱。
それ以前はマグロ。
で、最近は、ウナギだけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
今日、新しいレシピを考案した。
買い物に行けば80円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、ごま油で炒めて、みりんと塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
じゅうぶん値段は低いし、カロリーも低い気がしませんか。


PAGE TOP

例えば、地球のことを知らないエイリアンに「手作りカレー」を説明するとしたら、どうやって説明する?「弟子」の成り立ちとか、ううん、まず地球や世界についての説明からするかもしれないね。
Copyright (C) 2015 発明家は愛想がないまま苦笑い All Rights Reserved.